HOME>イチオシ情報>オーダーメイドの住宅は手続きが大変ですが自由度が高いものが建てられます
家の模型とお金

オーダーメイドの住宅

滋賀県もエリアによっては京都や大阪への通勤通学が便利な場所が存在します。そのため、滋賀県に一戸建て住宅を建てようとする家族も少なくありません。通勤通学が便利なだけでなく、滋賀県には琵琶湖があることから身近にリゾート地があるというメリットもあります。このように近年注目を集めている滋賀県では、一戸建て住宅の建設を請け負う住宅販売会社が数多く営業しています。ところで一戸建て住宅にはいくつか種類がありますが、オーダーメイドの住宅として注目されているのが注文住宅です。注文住宅の場合、土地の購入も自分たちで行うため、土地を取得してから建物の完成までに時間がかかるという特徴があります。最低でも入居までに1年間は必要となります。しかし、土地を購入した後は、どのような工務店あるいはハウスメーカーでも自分たちで選べるため、気に入ったデザインや性能を持った自由度の高い住宅が建てられます。

土地や建物の販売

滋賀県にある土地や建物を購入するときには、不動産会社や建売業者などの仲介や斡旋による方法が一般的です。しかし土地や建物の販売には、決まりが存在します。土地の売買形態には、一般的な土地の販売と建物条件付き住宅の販売という、2つの仕組みがあります。特に後者の場合、売主が建築することを契約条件にした土地の売買方法であり、建築業者を選ぶことができません。また土地の売買契約を結んだ後、3カ月以内に建物の請負契約を成立させる必要があります。また建物の販売形態にも決まりがあり、新築物件の販売を行うときは、建築確認を行いその許可が下りないと広告も販売でもできないことになっています。一方中古物件の販売では、現状有姿であるため、いつでも販売することが可能です。中古物件では住宅の築年月日が記載されます。もし注文住宅を建てようとする場合、土地や建物の販売ルールを知っておくと、広告などを正しくチェックすることができます。

広告募集中